2017年4月2日日曜日

親を訴えるとしたらどうなるのか

こんな募集を見つけました。
http://letters-to-parents.blogspot.jp/p/blog-page_15.html

親から虐待をされた人の体験談を送って、採用されたら一万円!
早速書こう書こう。一万円貰えたらいいなー
と、夫に言ったら、「今までの仕打ちを一万円で精算してしまうのは安すぎる」と言われた。

確かにそうだ。
では、具体的に幾らくらい貰ったら良いのだろう。
「傷害罪」という罪がある。人に対して、心身に重大な傷を負わせた人は、50万円以下の罰金または15年以下の禁固刑という罪である。ネット調べなので間違ってたらすみません。
内容的にはこれこれー!と思った。
わたしの場合、親によっていろんな怪我をさせられたことや鬱になったことが当てはまるだろう。

しかし、立証が難しい。何十年も前に殴られた時に壁についた血痕は、今も実家に残っているだろうか。鬱になった原因を探ってゆくにも、子供の頃に書いたものは全部捨てたし、記憶を掘り返してゆくのもしんどい。更なる心身の不調が負わせられそうだ。

もっと早くに気づいて訴えればよかった。せめて二十歳くらいの頃なら、まだ血痕も日記も残っていただろう。西原理恵子は高校生の時、通っていた学校を訴えたことがある。子供だからといって訴訟できないことはない。というか高校生までなら、虐待だと自分で気づいていたら、自分で児童相談所に行けばよかった。あれが普通の家だと思っていた。なにもかも遅すぎる。

いつまでも過去にとらわれいたら不調になってしまうので、たまにしか思い出さないけども、やっぱり親を訴えるとしたら余裕で勝てるなと思う。今度、無料相談だけでも行ってみようかな。

こんなブログを読んでるティーンはいないと思うけど、現在、なんかおかしいなという問題を抱えていたら、まずは児童相談所、法テラス、自治体の法律相談なんかを活用すると良いんじゃないかなと思いました。

本日は以上です。