2017年2月22日水曜日

宮前一明さんによる上祐史浩氏批判-坂本弁護士の文言について2

こちらの記事 宮前一明さんによる上祐史浩氏批判-坂本弁護士の文言について に付随して、宮前さんから追加の文章がきましたのでupいたします。




---------------------



改めて、当時(平成元年10月頃)上祐とA弁護士が麻原の居る杉並区のKマンション(当時家賃50万円)に報告に来たとき、私と麻原と、その他数名(早川さんとIHかも)の前で、上祐の話した内容は、30分前後はあった筈。その中で、最後の「坂本弁護士さんとの激論の終盤にて、上祐が『ならば、わたし(上祐自身)でも親が家に帰れと言えば帰らなければいけないのですか!』」と。すると『そうだ!親が帰れといえば子供は従うべきだ!』と。こんなことまで、あの弁護士は言うんですからね。もう話にならないなァー」と。(わたしにでさえ、こんなことを言うんですからねーという言葉も上祐は行っていた記憶もある。)

坂本弁護士は、確か、既に平成元年の夏頃(もしかしたら5月かも)から動いており、最初は、出家サマナのY(女性で18歳くらい)さんの親の代理で、一度、富士宮に来て、オウムのA弁護士と早川さんとYさんが、会話をしてます。新實君も一緒だった。

その時は、やはり会話どころか平行線のまま、ケンカ別れの口調で終了し、早川さんが、Yさんの腕をつかんで引っぱり戻したもの。要するに、坂本弁護士は、未成年の子供たちを出家生活から、親元に戻す活動が中心でその為に、無料でもやると相当に熱心でした。(しかし10月の親たちの集いでは一家族に付き、12万〜15万を提示していたとか。)

いずれにせよ、出家した未成年の子供たちを、どうやって取り戻すかでA弁護士とのコンタクトも頻繁だった。法律的にも、可能性もあると踏んでいたのは確か。

A弁護士は、子供の自由意志の尊重で押し切る姿勢もあり、麻原は、20歳になるまで各支部に転居させ、時間稼ぎをするつもりだった。(それでも多数の未成年者がいるし、増加中でもあった)※あくまでも、文句を訴えて来る親御さん対策の一つ。

右のような訳で、坂本弁護士さんと上祐(とA弁護士)との激論の内容は未成年のサマナに対する内容が中心です。当日、横浜法律事務所での対話中、いつまでも平行線であるのは仕方なく、更に、宗教が絡んでいるのでややこしい。そんななか、上祐の『ならば、わたしでも親が家に帰れと言えば子供は従うべきなのか!』で、怒り心頭に達すと。上祐は当時26歳で、幹部のひとりで衆院選に立候補する立場の男。坂本弁護士さんの熱意が仇となったとも言えます。残念です。


---------------------

大前提として、上祐氏と坂本弁護士の口論内容には「未成年の出家」があったようです。しかし、いくら逆鱗に触れたといって殺人計画を立てるまでにいたるものなのでしょうか。わたしには理解できません。
当時の詳細を教えてくださる宮前さんに感謝です。

2017年2月7日火曜日

普通ということ



ツイッターでちょろっとつぶやいたことの拡大版みたいな記事ですみません。

夜、お風呂に入るために脱衣所に行ったら、洗濯機の横の洗濯かごに、朝干し忘れた洗濯物がむなしく残っていた。
少し前のわたしなら、狂おしいほどに感情がかき乱され、「どうしてこんな色がハッキリしたものを干し忘れるのか」と100回くらい自問自答して自分を攻め続けたと思う。
今は、「ま、そんなこともあらーな」と思って、無言で洗濯機にもう一度放り込んだ。
最近、精神状態が治っている。なんか調子良い。
ここ数年、辛抱強くわたしのカウンセリングにつきあってくださる臨床心理士、あんまり化学療法をしたくないというわがままをきいてくださる精神科医のおかげだと思う。

先日、十数人くらいが集まる大学の同窓会に行った。
わたしはあまりこういうのに呼ばれないので、なんで呼んでくれたんだろう・・・と苦笑いをしながら会場に赴くと、久しぶり!元気だった?会いたかったよ!これからも遊ぼう!!とみんな元気に声をかけてくれた。もちろんマルチの勧誘とかではない。
大学生のとき、わたしをはじめみんなちゃらんぽらんで、一時的な景気の良さはありつつもやっぱり不景気だし、将来どうなるんだろう・・・と不安に苛まれ続けていた。とんだ杞憂だ。なるようになる。久しぶりに会った友達は、みんな元気で、がんばって仕事してて、家族が出来たり、彼氏の愚痴を言ったり、出産の苦しみを語ったり。当たり前のようにちゃんと生活してた。普通だった。最高だった。

最近、周囲の人がみんないい人だなあとしみじみ感じることがある。
少し前のわたしは、猜疑心をいろいろな人に向けていた。この人は良い事を言ってくれるのだけど、内心はどうかわからない・・・きっと内心でわたしのことをバカにしている・・・そんなことをどうしても考えてしまっていた。それが本当なのか嘘なのかわからなくなり、ますます自分の考えにがんじがらめにされていた。

世界はもっと簡単なもので、何かをやったら何かで返ってくる。敵意を向けたら敵意が返ってくるし、善意を向けたら善意が返ってくるものだ。たまに善意を向けたら敵意で返ってくることもある。そんな人は終わっているので、無理につきあわなければいい。嘘ばっかり言ってる人や、人を貶めるようなことをしてる人、そんな人もいっぱいいるけど、つきあわなくていい。同じ土俵にたたなくていい。自分が楽しくできる方向を選べばいいのだ。

猜疑心の原因は、わたしの場合はあれだ、両親との不和、過干渉で暴力的な母親、無関心な父親、幼少期に先生や同級生にいじめられたこと。
子供の頃、終わってる人たちに出会いすぎてたんだなあ、と思う。
今ぜんぜん周りにそんな人いない。
子供の頃の絶望的な体験から、出会う人間みんなに「この人は実は悪い奴!騙してくる!裏切る!!」・・・と、わたしが勝手に思って勝手にレッテルを貼っていたのだ。

あー、アホなことしてたなあ、と思う。

昔から、病んでるなりに、それなりに、人付き合いはしてきたと思う。なるべく優しさを優しさで返していたつもりはある。それでも人が怖くて、大学の頃、便所飯みたいなことをしているときもあった。
それが今、10年くらい経った今、同級生も先輩も後輩もみんな優しい。奇跡かな?と思う。あんなに暗くて毒舌でドモってて変態だったわたしに、未だにつきあってくれる友人たち。そしてつきあいはどんどん増えていく。楽しい。運が良い。最高。もう手放してはダメだと思う。


閑話休題。
上祐さんのツイッターのぞいたら、誹謗中傷は被害妄想だ!みたいなことが書いてあった(多分。文章が難解すぎてよくわからないけど)。
「ひかりの輪が絶対謝らないDMを公開します。」http://akaneyamada03.blogspot.jp/2017/01/dm.html こちらの記事に書いたように、ひかりの輪はわがインコの会の代表・中山尚さんを不倫野郎呼ばわりして誹謗中傷している。上祐さんのツイは、その自己分析なのかもしれない。ヤッター!これで中山さんを誹謗中傷したことを謝罪してくれるのかな。ずっと待ってます!!


本日は以上です。