2016年7月5日火曜日

選挙


イラスト:いらすとや


滝本太郎弁護士が、ご自身のfacebookで創価大学の学生さんを絶賛した。

ええ〜・・・と思っている間に藤倉善郎さんが論破してしまった。

でも滝本弁護士は意見を変えなかった。

むしろ、今回の参議院選挙について「ハルマゲドン」という表現が気に入られたらしい。
選挙は戦争らしい。

どうしてだろう、こういうセンスがわからない。


安倍政権を全肯定はできない。
菅野完氏「日本会議の研究」を読んで、日本政府の構造がよくわかったから。

でも、だからといって、カルトと呼ばれる団体や、政策がブレブレの民進党に任せることもできない。


結局、安倍政権を倒しても何も変わらないと思う。

なんだか、安倍政権=即戦争みたいな考え方がよくわからない。どこに書いてあるんだろう。知識不足だろうか。

戦争に行きたくなかったら行かなきゃいいんだし、税金が上がるのなら収入を上げる工夫をすればいい、死にたくなかったら、死なないように備えればいいだけだと思う。

ひとりひとりはみんな生き方や個性が違うから、それぞれが良いようにやればいいと思う。

ただ、社会で生活しているため良識を忘れてはいけない。

それだけの話ではないのかと思う。


やっぱり、押し付けられるのは嫌だなあと思う昨今です。

というわけで、こんな無気力な私が選挙に行っても、とっても無駄だと思うので、今回の選挙は行かなくていいやと思いました。




本日は以上です。

0 件のコメント:

コメントを投稿