2016年4月16日土曜日

実話ナックルズ 2016年5月号


表紙には出ていないのですが、この本にやや日刊カルト新聞の藤倉さんが書いた「ひかりの輪」の記事が、ひかりの輪の悪事がまとまっていて素晴らしいです。コンビニのエロ本コーナーかamazon(↑)でゲットして読むことをおすすめします。

少しでもオウムやひかりの輪についてご存知な方は「やっぱりな」という内容だと思います。

上祐氏の暴力(平手打ち・携帯を折るなど)、暴言、広隆寺の弥勒菩薩像のポスター転売(実に250倍)、公安との金銭のやりとりなどなどが書かれています。

わたしが実際に聞いてきたお話と差異ないので、嘘ということはないと思います。


だいたい、藤倉総裁が嘘を書くはずがありません。

嘘だ〜嘘だ〜と思う方は、藤倉総裁の書いたものや人柄、そして上祐氏の書いたものや人柄を見比べて悩んでみてはいかがでしょうか。

わたしは、いつもいきなり批判をするのは失礼なので、なるべくその人柄をみてからに心がけております。

そして、ひかりの輪はとんでもない団体だと思い至る様になりました。

ツイッターなどでの工作を頑張っている様ですが、そんなことをする暇があったら、真人間とは何かを追求していただきたい・・・




5/14には、千歳烏山で「抗議デモ・学習会」藤倉総裁による、講演会もあります。
十分に知識や情報を得てから意見を言ってほしいし、言うようにしたいな。


おまけ:
2011年のひかりの輪の記事に、先日置いてけぼりをされて藤倉さんとデートした広末さんの記事を発見しました。
http://www.joyu.jp/hikarinowa/books/cat298/0013_1.html

0 件のコメント:

コメントを投稿